2012年2月24日金曜日

みなまたの木 〜読み聞かせ絵本ライブラリー〜

みなまたの木みなまたの木
著:三枝 三七子 / 監修:原田 正純出版社:創英社絵本ナビ

今日の読み聞かせは四年生。
娘から「元気な子が多いクラス」だと聞いたので、人気本より静かに耳を傾けられる本を選んでみました。
私が読み聞かせに行っている小学校では、五年生になると水俣病の事を勉強します。
もうすぐ五年生になる子ども達に、学習の前段階としてその事を知ってもらうきっかけになればという思いもありました。

教室に入ってみると少しざわついた感じだったので、あえて始まりは静かに淡々と。
繊細でモノクロなタッチの絵と、静かに流れて行く物語。
そしてだんだんとシリアスになっていくにつれて、子ども達がしんとして引き込まれていくのがとてもよくわかりました。
最初に読んだ五年生のクラスでは物語のみを読んで終わりにしましたが、今回は監修の原田正純さんが書かれている最後の「ミナマタからのメッセージ」も読んでみました。
四年生には少し難しい内容だったかもしれませんが、必要なのは知っておくこと。

全体として少し長くなってしまったので、一番最後のほうではそわそわしていた子もいたけれど、思っていたよりしっかり聞いてくれてよかったなと思います。
楽しく描かれた絵本だけでなく、事実を伝えていくことも絵本は担ってくれます。
その事をまた大きく感じられた一冊でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿