2012年4月1日日曜日

見つめていたい

今日はダンスフェス本番でした。
とりあえず無事成功!
慌ただしいながらもなんとか任務を遂行し、自宅に帰ってほっとひと息つきました。

朝から見送りで自転車に乗った後、
子ども達のヘアメイクをして、自宅を出発。
会場に着いてからは、さっそく最初の任務である駐車場誘導を行いました。
晴天で気温も春らしく暖かかったけれど、風が強くて外に立っていると肌寒い感じ。
それでもみんなで笑い合いながら話をしたり、協力し合いながら誘導を行ったりと、とても楽しかった。

その後は、チームの子どものお世話役として、進行に合わせて子ども達を会場から出したり、進行を伝えたり、叱咤激励したり。
その合間に、娘たちの演技を見たりして。
時には他のチームの子どもの面倒を見たり、迷子の子どもの手を引いたり。
発表が終わった後も、片付け掃除。
最後に先生やスタッフの仲間達と、会の成功や反省点を話して、お互いを労い合って…
無事任務を完了しました。

大変だったけど、そうやって始まりから終わりまで見つめていられた事に感謝したいです。
もちろん反省点は多々あれど、得たものが大きかった事も確か。
イベントを成功させるために、スタッフ間の連携がとても大切だという事。
そして、見返りを求めるわけではないけれど、人からの労いの言葉がスタッフのとても大きな力になるという事。
今回について言えば、子ども達を動かすために、いかにコミュニケーションが大事かという事。
本当に多くの事を感じる事ができました。

舞台で踊る娘たちを見ながら、この経験を通してまた一つ成長した事実感したし、これからまたがんばろうという気持ちになった。

長女のすーは思う通りに踊れるようになった事がとても嬉しいらしく、また今回他者の踊りを間近で見て刺激を受けた事で、もっとレベルの高いものに挑戦したいと思うようになったらしい。
どちらかというと内向的で心配ばかりしていた娘なだけに、自信に満ち溢れて目をきらきらさせている事に涙が出そう…そんな感じです。

そうやって自分の行く道、行きたい場所を思い描く様を、これからも見つめていたいと思う。
色んな事があったこの週末。
また今週もがんばろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿