2012年6月12日火曜日

ものすごく大きなプリンの上で 〜読み聞かせ絵本ライブラリー〜

ものすごくおおきなプリンのうえでものすごくおおきなプリンのうえで
作:二宮 由紀子 / 絵:中新井 純子出版社:教育画劇絵本ナビ

小学三年生のクラスで読みました。
この絵本は2011年度の青少年読書感想文コンクールの課題図書でした。
当時一年生だった娘のために購入した絵本でたまたま家にあったので、読み聞かせで導入してみました。
目に飛び込んでくる表紙の賑やかなイラスト。
それ以上に絵本の内容は、非現実的かつユーモアに富んでいて、ページをめくるたびに笑いが起きて、本当に楽しい気持ちになれる本です。

有名で昔から読み継がれている絵本ももちろん良いのですが、この「ものすごくおおきなプリンのうえで」は、久しぶりに大当たり!の作品でした。
当日二冊読んで、この絵本を読んだのは後でしたが、楽しい内容のおかげで明るい雰囲気で読み聞かせの時間を終える事ができました。
この絵本は長く活躍してくれそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿